08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じたこと

最近 徳永さんの楽曲(アルバム)を よく聴いてます。

聴いてて感じたこと書きたいと思います

勿論 『VOCALIST VINTAGE』も聴いてますが

最近のお気に入りは やっぱり 『愛をください』なんです。
なんでなんでしょうね?

どのアルバム聴こう?って思う時 何故か選んじゃうことが多い。

なんかね、 
徳永さんの曲聴くとき 最近 詞を噛み締めるように聴いてるの・・

噛み締めるって 表現可笑しいんだけど

そんな感じ

言葉の一つ一つを感じながらって 感じかなぁ?


それと オリジナルとして出されたアルバム
一番近い 最後の『WE ALL』も好きな曲があるので聴いてます。

ここんところね
いろいろ思うことあって 聴いてみたの。

ファンミーティングでの 番外編のスライドの際に
『愛をください』より 「愛をください」が選曲されていて
『WE ALL』からは「風と空と海と」「愛をえらぼう」が選曲されてましたよね。

私 この3曲好きで よく聴きます。

でね、
久しぶりの 『WE ALL』のアルバムを聴いてみたの

徳永さん 言われてたけど
このアルバム出すのに 本当は もう少し時間が欲しかったって

今回は オリジナルアルバムを作るのに 時間を沢山頂けて 
いいアルバムが作れそうだって言われてますね。

それも 合間 合間に『VOCALIST』を出すことで 
また 今回『VOCALIST VINTAGE』を出したことで
もっと いい作品を作れるようなこと言われてましたよね。

次回の作品 どんな仕上がりの作品なんでしょう?

とっても楽しみです。


で、感じたことなんですけど 
過去のオリジナル聴いてて思ったんですけど

『WE ALL』の作品が 時間なかった的な感じしないんですけど。

一つ一つ とても良い楽曲だと思います。

歌詞にしてもMelodyにしても 


こうやって振り返って聴いても 良い作品は いつに聴いても感動するし。

初めて聴いたとき 感じなかった曲が 今 心に響いてくるってことありますよね。

そんな想いと出会いながら 過去のオリジナルを聴いています。

『VOCALIST』で 他の多くのアーティストの方の楽曲を歌うことによって 
得たものも大きかったんですよね。
そんなこと言われてましたよね。


そして 私が 『VOCAIST VINTAGE』を聴いて感じたこと

これって 結構 アレンジがすっごくいいと思うんですよね。

徳永さんの良さを引き出しくれてる。

そのことを感じて オリジナルのアレンジも
すっごく徳永さんの良さを引き出すアレンジになってるのかなぁ~?
って感じることが出来ました。

カバーだからこそ 原曲を知ることが出来ていて
アレンジの良さも感じれる。

元々がオリジナルの楽曲は 
私たちは アレンジ前の楽曲は わからない理由で

今回 坂本さん、松浦さんのお二人に アレンジをお願いした意味
きっと 何かあるのかなぁ?って
徳永さんの何か感じる想いがあって この曲ならって・・・

お二人共 徳永さんの良さ引き出してくださってますよね。

先日 鶴瓶さんとの Radioで そんなこと 少しだけお話聞けましたよね。
もう少し いろんなお話聞きたかったですけど。


『真夜中のギター』についても アレンジャーの方と話し合われて 
ああいうアレンジ(おやすみなさいの気持ちで歌ってるって)になってるってお話も
ファンミーティングで聞かせてくださいましたよね。
なんか そんなお話知れたこと嬉しかったです。

私 この楽曲のアレンジ大好きです!
このアルバムの大好きな一曲です。
徳永さんの 優しい感じを感じるからかなぁ・・・(*^_^*)

そんなことや あんなこと 色々考えてたら 
曲、一曲を 世にお送り出すこと考えると すっごいことなんだなぁって
今更ながら 感じました。

ほんとうに、 ほんとうに 
ありがとうございますって気持ちになっちゃいます。

ファンのみんなは やっぱりオリジナルが聴きたいから

オリジナルアルバムが 早く聴きたいって 言っちゃいますが

そう毎年 曲を送り出せないんだろうなぁって感じちやいました。

徳永さん、 時間をかけていい作品を作りたいって言われたてこと
思い出しちゃいました。

だから、 あまり無理言っちゃいけないのかなぁって

でも、今回は 徳永さん言ってくれてますよね。

図太い作品を期待して欲しいようなこと
だから、楽しみにしていますね。


僕を輝かせてくださいって言われてたように

一生懸命応援していきますよー!

きっと 良い作品で応えてくださること 楽しみにしています。


番外編での この3曲の流れって
なんとなく意味があるのかなぁ?
ないのかなぁ~?
深く考える私です(笑)

ファイナルで 『You Light Up My Life』を唄われて
僕を輝かせてくださいって言われてたことに 繋がってるのかなぁ?って

いろいろ想い、考えちゃいました。


素敵な作品楽しみにしていたいと思います。

まずは、もうすぐ始まる ツアーを 楽しみたいと思います



P.S.
*実は この記事 先の記事より 前に書いてあったんですよね。
下書き止まりだったの・・・

あの新聞記事を読んだら 8/12に先に 新聞記事のこと先にアップしちゃいました。
だから もしかしたら話少し 前後になっちゃってるかもしれません。



by mio

新聞記事を読んで

先日オフィシャルサイトからご報告があった 
新聞掲載記事のお話

全国版って書かれてたから とっても楽しみにしていたんです。

けど、実際 東京では8/2に掲載されたのに 関西では掲載がなかった。

徳永さんの想い・言葉が読めるととても楽しみにしていたんです。
なのに・・・無い!

あぁ~ 読みたかったって思ってたら

約一週間後の8/8の読売新聞夕刊に掲載されました。
嬉しかった。


私ね、徳永さんの想いや言葉は 
徳永さんの心 理解したいから 何度も何度も読み返すんです。
読解力が無いってこともあるんですけど(笑)(^^ゞ


でね、感じた想いちょっと 書いてみよーかなって・・

この新聞掲載してること

今までの
VOCALISTシリーズは 原曲のファンの期待を裏切らずに歌う訓練だったって

確かに以前そのようなこと言われてましたよね。

原曲のイメージを 大切にし 譜割りもとても苦労したってお話されてました。


でも、今回のアルバムは「自分の中に染み込んでいる」って
本当にあの当時の楽しさのまま歌ってる。
あの当時聴いた気持ちを 自分なりに表現している
」って


私も 初めてこのアルバムを聴いた時に感じました。
徳永さん とても気持ちよく歌われてるのを感じました。

何度か聴き込んでいくと 
徳永さん 楽しまれながら歌われてるっていうのが伝わってきていました。

以前にも書きましたが
カバーにおける存在(
そして この当時の楽曲って(これも以前に書いたのですが哀歌
悲しげな楽曲が多いですよね。

私のお気に入りの内の楽曲『再会』を聴いてて感じること

徳永さんの歌声を聴いていると
頭の中に その描写が浮かんでくるんです。

それは 徳永さんの歌声が表現してくれてるんですよね。

彼女の想いを・・・

歌声で伝えてくださってる。


今作の経験で得たことは、次回のオリジナル作に向けた思いにもつながったと・・・

どう歌うか。そして この詞を、この楽曲をどう手を触れるように、
どう抱きしめるように届けるかが大事だと思う
」って

とても 楽しみなお言葉を伝えてくださってますね。

次回の作品 どの様な作品が出来ていて 
これからもまだ 創られる作品もあるんでしょうけど
どのように私たちの心に届けてくださるのかも 楽しみとなってきました。

歌詞作りも自分の思いをごまかさずに出すことが大切。
ダサイ言葉でもいいから
」って話されてたって・・・

この徳永さんの言う 「ダサイ言葉」って

きっと 飾らずに自分の思ったことをストレートに届けるって意味なのかなぁ?って思ってるんですが・・・
そう言う意味ではないのかなぁ~?

今までも 徳永さんの書かれた想いを綴られた楽曲って沢山ありますよね。

そんな楽曲が みんなの心に響いてるってこと。

今回のファンミーティングで 
もうあんな楽曲は書けないようなこと言われてたりしてましたが・・・

確かに 
あの時のような想いの楽曲って意味では書けないってことなんだろうと思うけど

徳永さんが今感じる 
感じた想いのメッセージソングを書いてくださるってことなんじゃないかなぁって

私は この言葉を読んで 書いてくれるんだって思ったのですが違うのかなぁ?
違うのかもしれないけど

どう言う意味の言葉なんでしょう


今日ね、ファンミーティングでのリクエストの多かった楽曲聴いてたんです。

そしたらね
この新聞のこの言葉って そういうことなのかなぁって思っちゃったんです。

「Positions of life」や「翼の勇気」なんかは 
徳永さんの想いを感じたままに書かれているように思う。

ダサイ言葉っていうのが 言葉飾らず 素直な気持ちをっていう意味だったら
そうなんじゃないのかなぁって思ってるんですが・・・
「壊れかけのRadio」も純粋な思いから生まれたって

だからね、
どうなんでしょうか?

次回の作品が たのしみでたまりません。


この 新聞記事のタイトルもいいですね。

大きな見出しで「もう一度あの日のように」って

きっと この記事を書かれた方も 同じ様な気持ちで
このタイトルをつけられたんじゃないのかなぁって思っています。

もちろん 60年代のVINTAGEにも掛けてると思いますが・・・


*関西版と東京版の記事内容は 同様のようですが タイトル等は一部違うようです 



*これは あくまでも
私が新聞記事を読んで感じた私の想いです。

by mio



TV番組

昨日8/4(土)

オリンピックU-23サッカー
やりましたねー v(=^0^=)v

日本 対 エジプト
3-0での勝利

ベスト4進出ですね!

頑張って欲しい!


今日 偶然知ったんですけど
知り合いの身内の方が 出てるって知って
むっちゃ応援しちゃいました

( ゚ー゚)ノ)"ガンバレ日本ってね。
あぁー よかったーよかったよー!
頑張ってたもんね○(^▽^)○

メダル取ってきて欲しいね!

オリンピックで頑張ってる姿って 
どの競技にしても みなさん素敵ですね。


選手のみなさんにとって
いい想い出の夏になればいいですね!




それから、
徳永さんのTV出演の放送
「さんまのまんま」がありましたね。

とっても 楽しかった。

さんまさんも徳永さんもとっても饒舌でしたね。


詳しく書きたいけど 
まだ放送されてない地域の方が多いので
とっても楽しかったってことだけを書いておきますね。

放送日楽しみにしててね~。

ちょっと ハプニングもあったり・・・

徳永さん とっても楽しまれてましたよー!




でね、
少しだけネタバレのこと書きますので下げますね

みたくない方は ここまでってことで・・・












みたい方はここから
でも、大きなネタバレはありませんよ!

この放送の収録って 
大阪のファンミーティング前だったんですね。

なら、徳永英明がする徳永英明のモノマネ見たかったなぁ~。

これ ライブとかでやってくれるかなぁ~(*゚▽゚*)ちょっと期待したりして・・・



それとね

さんまさん

すっごく贅沢なこと言われてました。

自分の為に 
徳永さんに 自分のお気に入りの歌自分用に収録して欲しいって・・・


そんなこと私も言いたいなぁ・・・


この時のさんまさん タイトルも 歌われてる方の名前も言われて

melodyも歌われたんだけど

徳さん 
目 まん丸くなりながら 聴いてたけどわかんなかったみたいで・・・


私も わかんなかったよー

でもね、この歌 ある方から 教えていただいて
聴いたら 

あれ?この曲知ってるって 思ったの。
これね 私、日本の方が カバーされてたの聴いてた。
私も お気に入りの曲でした。


録画見直したら ちゃんとmelody歌えてる
録画観たら ちゃんとその歌だって わかったー


さんまさんが言われてた方は シャーリーンさんの『愛はかげろうのように』だったんですが

私が聴いてたのは 椎名恵さんの『LOVE IS ALL』でした。

当時 結構流行ってたから 知ってる方多いでしょうね。

徳永さんが デビューされた辺り(86’~87’ぐらいかなぁ?)の頃に聴いてた記憶があります。


もし 洋楽カバーされるなら この曲も入れて欲しいですね。
さんまさんにだけじゃなく

ファンミーティングの最終日に歌われた 
『You Light Up My Life』と一緒に・・

それと 私の大好きなアノ曲も・・・( ´艸`)



ふと、ファンミーティングのこと 思い出しちゃった。




By mio

8月ですね!

ほんとに ほんとに お久しぶりの記事となってしまいました。

以前に 続けて書くみたいなこと言ってたのに・・・

この約2ヶ月近くも ほったらかしにしてしまいました。(^^ゞ


この2ヶ月の間 色々とあったのに・・・

ファンミーティングもありましたね。

参加出来て よかったです。(#^.^#)

色んな想い出が いっぱいあります。

楽しかったことや あんなことや こんなこと・・・

記事を書かなかった間のことは 少しずつ書いていこうと思います。


そして、今日 徳永さん
久しぶりに 『CLIP BOARD』で、言葉届けてくださいましたね。

やっぱり 
何かお知らせくださると嬉しいですね。(*´∀`*)

アルバム、それからツアー とっても 楽しみにしています。

なんだろう?
暗号では ないけど・・・って(笑)

何も思いつかないので 考えることは しないでおきます。

いつわかるか わかりませんが 待っときますね~



blogね、
どうやっていこう? どう書いていこう?
って 思ってて なかなか思ったように書けてなかったんですが 

少し硬い感じになっちゃってた・・・

もう少し 自分らしい書き方で 書いていこうと思っています。


今日は 徳永さんのアルバム何枚か 聴いてたの

楽曲とかについても 自分の感じた想いとかも書いていけたらいいなぁ~なんて

そしたら blog書きたくなっちゃたんですね。

実はね、
ちょっと こちら(fc2さん)のblog書き慣れてないから

少し 書きづらいんですよね。

書くマスが 少し狭かったり・・・(笑)

でも、書きながら プレビュー見れたりは するんですけど・・・

頑張って書いていこうー!


今日は とりあえず

blog再開のお知らせまで




mio♪






カバーにおける存在

今日は 徳永さんのカバーを出されたことで考え・想ったことについて書きたいと思います。

今回のアルバムを聴いて感じたこと。

徳永さんの今までに出されてきた 
今までのVOCALISTから~4までの4作品については VOCALISTのシリーズだという感じで聴いてました。

私は VOCALIST3がお気に入りです。(^^♪

もちろん 出されるごとに 徳永さんがカバーに対して想いが+αされていってることを感じてましたが

今回の作品は 今までの作品とは違うように感じました。

それは 徳永さんが 今回カバーを出すと決断した意味の中にあるのかなぁ?って


私がある楽曲を聴いて感じたこと

徳永さんの歌声を聴いて感じました。


あくまでもこれは 私の感じた想いです。

カバーとはなんだろう?って

『愛の讃歌』の歌声を聴いてカバーってこういうことなんだって感じました。

ファンのみなさんにしたら またカバー?って
徳永さんの代名詞が カバー王子や カバーの帝王だとか付けられていて

オリジナルで素晴らしい楽曲を作られてるのを知っているファンとしては 
悲しく思ってる方も多くいらっしゃいますよね。



私も VOCALISTを出された時 何故?
オリジナルがあるのに カバーなんかだされるんだろう?って思っていましたから・・

そして それが シリーズ化されていって・・

徳永さんどうなっていくんだろう?とも感じてたのは 事実です。


そして 今回もオリジナルではなくってカバー。

でもね、徳永さんが 今回 『VOCALIST VINTAGE』を出すことの想いをずーと語ってくださり聞かせてもらってたから

出来上がったアルバムを聴いて感じました。

つくられた後にも『ひとりごと』や『CLIP BOARD』 
会報誌に徳永さんの想う気持ちが 少しずつ書かれている。
そんな徳永さんの想いを感じました。


自分のアーティスト・ボーカリストとしての存在としてやらなければいけないこと。

歌で力づけていくこと。 

素晴らし名曲は歌い継いでいかなければいけないこと。

歌で繋いでくこと。

自分が そんな『架け橋』でありたいということ。

そんな想いを感じたからこそ 今だからこそ カバーをって思われたのかなぁ?って

それが 徳永さんの今置かれているヴォーカリストしての役割なんだと感じたからこそのアルバムなんだと思いました。
 

みんなが思っている以上に またカバーって言われること 
一番 気にされてたのは徳永さんなんじゃないかってことも 
『上を向いて歩こう』を 配信された時のひとりごとで感じました。

そんな想いを払い除けてまでも 僕の我儘にお付き合いくださいって
それが カバーだったてこと

一年をかけて構想され続けてカバーを出すって決断されたこと。

その答えが このアルバムにでてるんじゃないのかなぁって思います。


カバー。

ただ単に 人の歌をカバーするってことじゃないこと。


このアルバムを聴いて 感じとって欲しいと思える作品になってると思います。

徳永さんが 出来上がった作品 

自信作だから聴いて欲しい 聴いて感じて欲しい気持ち届いたと思っています。

だから その言葉に 私から この感想を届けたいと思います。


徳永さんが カバー王子 カバーの帝王って言われること

言葉としては嫌なことかもしれません

この言葉ばかりが 取りざたされるのは私自身も少し嫌ですが

でも、考え方を変えれば 何故?徳永さんのカバーが売れるのか?ってことですよね。

ただ、自分勝手に唄われてるカバーは 一度聴けば もういいやってなります。

でも 徳永さんのカバーアルバムが売れる理由

そこに意味が あるんだと思います。


それは カバーということの意味を捉えながら 楽曲を大切に歌われてること

ボーカリストとして歌い継いでいくということを感じて 歌われてるからじゃないでしょうか?

特に今回のアルバムは どのように人々の心に響いていくかということも考えて歌われてきたんじゃないのかなぁって感じました。

だから
今までのように どちらかというと原曲のイメージを壊さないようにとは少し違うように感じました。

名曲のよさ 歌を聴き 唄うことの楽しみさえ与えてくれてるようにも感じます。


いい歌は いつまでも歌い継がれていき 
歌うことで楽しむことを伝えてくれてると思うアルバムではないかと思っています。

私は このアルバムを聴いて そう感じました。



by mio

プロフィール

mio♪

Author:mio♪
mioのblogへようこそ♪
徳永英明さんのことが大好きで
徳永さんへの想い綴ってるblogです。

あくまでも私の主観で書いてるblogです。
徳永さんの想い・言葉と少しずれてること書いてるかもしれませんが
そこのところ よろしくご理解のうえお読みください。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。